結婚式のプロフィールムービー、オープニングムービー制作の専門店

今月のキャンペーン情報
ウェディングムービーLabへフリーダイヤルで電話する
メールでのお問い合わせ
サンプルDVDと資料請求
電話コンシェルジュ
0120-4652-37 電話でコンシェルを詳しく見る

著作権が心配?好みの楽曲を式場で流す方法

著作権

皆さん、こんにちは!デザイン制作部のフチザキです。

荘厳なチャペルには、パイプオルガン、聖歌隊、そして真っ赤なバージンロード。
誰しもが持つ、結婚式への憧れ。一生に一度のことだから、少しでもその理想を実現させたいですよね。頭の中に流れるその映像のBGMは、もちろん大好きなあの曲・・・でも結婚式のBGMって、いろんな制限があること、ご存知でしたか?

なぜ結婚式のBGMに制限が設けられている?

結婚式は大人数の方が集まる場ですよね。そういった場面で音楽をかけるには、個人で音楽鑑賞するのとは違い、“著作権”というものが関わってくるのです。著作権という言葉は、みなさん聞いたことがあるかと思いますが、著作権とは著作物に係る権利の集合体を指します。つまり、一口に著作権といっても、いろいろな種類があるのです。

結婚式のBGMに関するふたつの著作権

結婚式のBGMに関係する著作権は、“演奏権”“複製権”のふたつ。言い換えれば、このふたつの権利を守りさえすれば、大切な一日を、とっておきの音楽で彩ることができるのです。
「じゃあ、そのためにはどうすればいいの?」
そんな疑問をゆっくり紐解いていきたいと思います。

1.演奏権とは?

演奏権とは、その名のとおり、演奏するための権利です。披露宴開場での生演奏なんかはもちろん、音楽を再生するためにもこの権利が必要になります。ですがこちらは、“音楽を再生する場所が有するべき権利”ですから、一般的には結婚式場が許諾申請を行っているものとされます。
結婚式場と、JASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会)など、音楽著作権の管理団体との包括契約により、結婚式に使用する曲の多くは、演奏権をクリアしていることになります。結婚式場からの見積もりをご覧になったことのある方は、“音響代”という項目に「一体何の費用なのだろう?」と思ったことがあるかもしれません。この“音響代”には、音響機材の利用やスタッフの人件費以外にも、演奏権の許諾に係る費用が含まれていると考えられます。
しかし、中には式場が許諾を得ている団体とは別の団体が管理している音楽もあります。流したい音楽がすでに決まっている場合には、BGMの選定の前に、結婚式場へ確認しておくと安心ですね。

2.最も重要な複製権

演奏権が式場によってクリアされているのなら、私たちに残されているのは複製権です。複製…つまりコピーされた音楽を結婚式で流すことが、複製権の侵害にあたります。
動画サイトや音楽配信サイトからCD-Rに焼いたものはもちろん、CDの原盤を持っていても、それをCD-Rにうつして式場へ持ち込むことは、複製権に抵触することになるのです。

3.複製権をクリアするためには?

player" それならどうすればいいのか?
答えは、CDの原盤を持ち込み、そのまま再生することです。これが一番手軽な方法になるのではないでしょうか。CDの原盤であれば、ご友人から借りたものでも、中古CDショップで購入したものでも、問題ありません。結婚式に使用する曲の多くはこのように簡単に入手することができますから、それ以外には手続きも不要です。
それでも、全場面に細かく曲を指定することになると費用もかさんでしまいます。歓談中など目立った演出のないシーンでは、著作権フリーの音源や式場で用意されている音源を利用することも検討してみてはいかがでしょうか?

4.ブライダル映像を専門とした音楽特定利用促進機構

原盤が手に入らないなど、複製が必要な場合には、個人で複製権の許諾申請することも可能です。著作権は、レコード会社・アーティスト・作詞家・作曲家が保有しておりますので、そのすべてから許諾を得なければなりません。
「それってちょっと、めんどくさそう・・・」と思いますよね。
isum" それを受けて、 ISUM(一般社団法人音楽特定利用促進機構) という団体が発足し、私たちの代わりに複製権の処理を行ってくれるようになりました。こちらは現時点で、法人の申請のみを受け付けているので、一度結婚式場に相談してみましょう。
また 弊社でも有料でISUMへの申請を代行致しております。
ISUMの詳細についてはコチラ
申請にはお金も手間もかかりますから、早い段階から披露宴のイメージを固めて、担当プランナーに都度報告、相談することが重要になってきます。

まとめ

 まだ法が改定されて日が浅いですから、この著作権に関する認識には、式場によって差があるというのが実態です。それゆえに「規制が緩い式場だったから複製品でもOKされた!」ということもあるかもしれませんが、著作権法を侵していては、せっかくの大切な結婚式が損なわれてしまいますよね。大好きな音楽を、大切なあの場面に。そうして選んだ1曲はきっと、イントロを聴いただけで、結婚式の想い出を色鮮やかに蘇らせてくれますよ。ルールを守って、お二人だけのオリジナルの結婚式を作り上げましょう。

この記事を書いた人

フチザキデザイン制作部

今年結婚したばかりのデザイナー。キレイなもの、可愛いものに目を光らせています。新婚ならではの視点から面白い記事が書けるように奮闘中。