結婚式のプロフィールムービー、オープニングムービー制作の専門店

今月のキャンペーン情報
ウェディングムービーLabへフリーダイヤルで電話する
メールでのお問い合わせ
サンプルDVDと資料請求
電話コンシェルジュ
0120-4652-37 電話でコンシェルを詳しく見る

ふたりの特別な物語が始まる 人生を綴るオープニング

オープニングビデオ「新郎新婦の物語」は、物語を綴るように新郎新婦様の人生を紹介。まるで2人の物語を読み進めているようなオープニングビデオです。

かけがえのない人生を、一冊の本に

古い本"

人生とはかけがえのないもの、その人生を一編の物語の様に紹介していきます。
「新郎新婦の物語」は上品で、それでいて繊細に人生を綴るオープニングムービーです。
新郎新婦の紹介は、片方しか知らないゲストの方にも、しっかりと自分の連れ添う相手の事を知ってほしい。
そのためには出来る限り丁寧に、見る人を映像の世界に引き込む必要があります。

ページをめくりながら物語を読んでいく構成は、ゲストに『私達は二人の物語を読んでいる読者なんだ』と意識させることがます。

「新郎新婦の物語」は、お互いのパートナーを知ってもらうのに最適なオープニングビデオ。見る人の心を捉えるよう小道具も上品なアンティーク調のもので統一。高級感と丁寧さでゲストに印象付けます。

光り輝く二人の物語は特別な物としてゲストの心に残ることでしょう。

誰もが心に
思い出という本を持っている

ろくな物語を持っていない制作担当の近藤です。
有名人や著名人、いろんな人が自伝と称して人生を綴った本を販売しています。すごいですよね…そんな事私にはとても出来ません。出来たとしてもそれが発売されたら大変なことになってしまいます。最初のプロローグで本を閉じる「パタっ…」という音が容易に想像できます。

そもそも『自分の物語』の本や映像は、他の人が興味を持っているから成立する話で、普通の人は人生を本にする必要なんかありません。興味を持っている人はすでにあなたの口からその人生を聞いているはず。人生を綴る本は、心の中に置いておけばいいのです。

ただ、そんな人生の物語を綴った思い出の本が必要になるときがあります。自分たちがどんな人生を歩み出会ったのか?お越しいただいたゲスト達に知ってもらうため、自分たちの思い出を本にして上映するのです。

物語" 「新郎新婦の物語」は、二人の歩んできた人生を本にして、読んでいくというコンセプトで制作いたしました。

新郎新婦の事を知ってもらうことがオープニングムービーの一番の目的です。その目的を叶えておしゃれに自分たちを紹介することができます。

美しい赤いバラは上品さを感じさせ、小道具一つひとつがアンティークな装いでおしゃれなムードを作り出します。

少しずつ新郎新婦の事を読み解いていくと、本当に物語を読んでいるように感じます。

二人が主人公の物語は、ゲストたちを引き込み人生で一度の大切な時間を共有していくのです。


ページをめくるように、
ふたりの思い出が紡がれる

映画のような深みのある優しい雰囲気のオープニングムービー

オープニングビデオインセプションのサンプル 仕切り線

愛の象徴、赤い薔薇が浮かび上がる00:00~00:28

00:08

1本の赤い薔薇の花-”あなたしかいない、あなたを愛します”という意味が込められています。

仕切り線

懐かしさを象徴するアンティークな本00:29~00:48

00:32

アンティークな本と一緒に、光り輝く懐中時計が静かに時を刻んでいます。未来への時が進むかのように…

00:40

散りばめられた煌きとともに本が開くと、いよいよ新郎新婦の物語が始まりです。

仕切り線

ページをめくると、
新郎の物語が始まる00:49~01:20

00:54

ページをめくると新郎様の物語が始まります。どのような軌跡を歩んできたのでしょうか。

01:04

本に凝縮されたかのように、次々と新郎様の成長が描かれていきます。ここでは新郎様のお写真が4枚入ります。

仕切り線

新婦の物語へ、自然と引き込まれるよう(01:21~01:47)

01:22

新郎様のページをめくり終えると、次は第二章である新婦様の物語の始まりです。

01:46

家族、友人とともに歩んだ足跡が描かれていきます。ここでは新婦様のお写真が4枚入ります。

仕切り線

活字を走るような演出が運命の出会いを強調(01:48~02:25)

01:50

そして運命の出会いです。ページの演出方法がダイナミックで、これから二人の壮大な物語を予感させます。

02:15

本の最終章にふさわしく、二人共に歩んでいく姿を捉えています。ここではお二人のお写真が5枚入ります。

仕切り線

ふたりが結ばれる物語に
会場は祝福でいっぱいに!(02:26~02:58)

02:28

いよいよ二人が新しい道の前に立ち、歩み始めました。

02:34

本日、出席頂いたゲストの皆様への感謝の言葉を述べます。

02:46

そしていよいよ主役の入場となります。重厚なBGMと英語のナレーションが、さらに登場を期待させます。

制作担当からの
おすすめPOINT

上品な演出と、英語ナレーションにこだわったのが「新郎新婦の物語」です。
各々の人生をアンティークな本で物語風に演出したのが特徴で、「クラシカル」「ダイナミック」を望まれる方に特にオススメのオープニングプランになります。

「新郎新婦の物語」のご注文はこちらから

この記事を書いた人

コンドウウェディングムービーディレクター

結婚式の余興と聞けばだまっていられず、兄弟や友達の結婚式では自作のウェディングムービーをひっさげ渡り歩いてきました。
しかし、まわりの人達だけではなく全国の新郎新婦に喜んでもらいたい思いで、ムービーLabの映像制作に情熱を燃やしています!