結婚式のプロフィールムービー、オープニングムービー制作の専門店

今月のキャンペーン情報
ウェディングムービーLabへフリーダイヤルで電話する
メールでのお問い合わせ
サンプルDVDと資料請求
電話コンシェルジュ
0120-4652-37 電話でコンシェルを詳しく見る

感動の扉が今開かれる 優しく輝くオープニングムービー

レジェンダリードアは、まるで映画のオープニングの様に壮大で上品なオープニングムービーです。
これから始まる2人のストーリーを飾るのにふさわしい壮大なスケールの幕開きの映像として、オススメの作品です。

誰もが釘付けになる、気品あふれる映像演出

上品な会場"

気品あふれる上質な幕開きとして、式全体の空気を上品な物に変えられるのが、このムービーの最大のメリット。

レジェンダリードアは、派手なテロップもなければ特殊なCGもない、堅実でしっかりとした画作りにこだわった作品です。

「結婚式は上品であるべき」「ゲストの方が戸惑わない、内容のしっかりした映像にしたい」レジェンダリードアは、そんな新郎新婦様の願いを叶えるための条件を満たしています。

ランプの灯りが二人の写真を照らし始まる冒頭は、電気の照明では出すことのできない温かみに溢れ、上品な書体のテロップと本格的な英語ナレーションがさらに作品を壮大にし、これから始まる式の扉を開く演出が、見ている人の心に期待を抱かせる。

シンプルな構成の中にちりばめられた、上品な演出の数々がお二人の式を壮大に上品に演出いたします。

西洋のアンティークな調度品は
万人の憧れ

制作を担当した近藤は、おしゃれな西洋アンティークが大好きです。
何故西洋のアンティークは、あれほどに魅力的でみんなが憧れるのか?それはいつもの日常を非日常に変えてくれるからなのです。

普段の生活でランプは使いませんよね。困ったらLEDの懐中電灯です。写真立てで写真を飾ってる人も減っています。写真はスマートフォンで撮ってデータで管理し、デジタルフォトフレームでスライドショー。それが当たり前の日常なのですから。

西洋アンティーク"だからこそ、アンティークな物は、そんな電気や信号に囲まれた日常を非日常へと変える魅力があり、みんなが憧れる。

もし自宅の一部屋が完璧にアンティークな内装だったらどうでしょう?壁一面の本棚に革の背表紙が並び、マホガニーの机には羊皮紙と羽ペンを。部屋に足を踏み入れれば、テレビの喧騒、プラスチックの均一な意匠、無機質なブルーライトにあふれた日常は鳴りを潜め、非日常へと変わります。少しでもそんな気持ちになりたくて、みんなちょっとした小物だったり、家具を置いてみたりするんです。

自分の家のアンティークグッズを眺めながら、これを取り入れた上品なオープニングを作りたい。そう考えて出来上がった作品がこの『レジェンダリードア』です。

結婚式は、私たちの身近にある非日常を感じられる空間です。テーマパークであったり、ライブイベントであったり、日常を忘れる事の出来る空間は、とても居心地がいいものです。特別な場所は多くの人と気持ちを共有でき、私達を日常から解放してくれます。だからこそ、その特別な空間をこのレジェンダリードアで確かなものに演出したいのです。


新しい人生の扉が開かれ、
ふたりで歩みだす

その扉の向こうには輝かしい二人の未来が待っています!

オープニングビデオレジェンダリードアのサンプル 仕切り線

深みのある英語ナレーションが始まりを告げる00:00~00:09

00:06

ネイティブなナレーションから始まります。静寂の中にアルコールランプがそっと置かれ、アンティークな卓上がゆっくり照らし出されます。

仕切り線

西洋風のフレームに映る新郎の姿00:10~00:27

00:13

少しずつ新郎の写真立てに近づいていきます。暗がりだった写真が次第に見えてきました。ここでは新郎様の縦写真が1枚入ります。

00:15

卓上に置かれた新郎様の写真立てがクローズアップで表示され、細かな表情が読み取れます。

仕切り線

上品な雰囲気の中 現れる新婦の写真00:28~00:35

00:26

そして卓上の右側に移動すると、もう一つの写真が…

00:33

次に新婦の写真立てがクローズアップされます。素敵な笑顔が伺えます。ここでは新婦様の縦写真が1枚入ります。

仕切り線

ふたりの日々が、
優しげな光に包まれて00:36~00:55

00:53

二人の思い出の写真がゆっくりと表示されるとともに、将来へのメッセージが語られます。ここでは二人のお写真が3枚入ります。

仕切り線

人生が交わる扉が
今開かれる!00:56~01:01

00:57

今までの新郎新婦のお写真が中央の光に向かって、吸い込まれていきます。これは何を意味するのでしょうか!?

01:00

それは扉のカギ穴から、中の光に向かっていました。この光は…そう、未来への希望なのです。

仕切り線

映像の扉が開き、
感動の頂点でふたりが入場!01:02~01:16

01:01

光の中へ吸い込まれた写真がまるで鍵を開けたかのように、未来への扉が開いていきます。

01:06

輝かしい未来の扉が開いた先には、お二人の名前が現れます。まさに新たな人生の始まりを意味しているようです。

01:10

冒頭と同じメッセージを表示することで、「新しい夫婦の誕生」を強調します。

制作担当からの
おすすめPOINT

「レジェンダリードア」は映画予告のような、深みのあるダイナミックな作品です。
静かな始まりながら、進むにつれてゴージャスとインパクトさが強調されます。「エレガント」「インパクト」を望まれる方に特にオススメのオープニングプランになります。

「レジェンダリードア」のご注文はこちらから

この記事を書いた人