結婚式のプロフィールムービー、オープニングムービー制作の専門店

今月のキャンペーン情報
ウェディングムービーLabへフリーダイヤルで電話する
メールでのお問い合わせ
サンプルDVDと資料請求
電話コンシェルジュ
0120-4652-37 電話でコンシェルを詳しく見る

8mmフィルムのような演出 ノスタルジックなレターロール

レターロールビデオ「メモリアルフィルム」は、クラシカルな演出で大切な人との思い出が心のフィルムから蘇るレターロールです。

両親に手を引かれた日がフィルムに蘇る

カメラフィルム"

「メモリアルフィルム」は、思い出が映画フィルムに焼き付いたような演出で、単調になってしまいがちなレターロールを印象に残るように仕上げました。

私たちには心に焼き付いた家族との思い出があります。両親に手を引かれて歩いた日々・・・泣いたり、怒ったり、笑ったり。このムービーはそんな忘れられない思い出と共に新郎新婦のメッセージを添えてご両親に伝える、披露宴の最後を飾るのにふさわしいレターロールビデオなのです。

セピア色に加工された写真の淡い色が、暖かな思い出を演出します。

思い出の写真達と共に綴られる新郎新婦のメッセージは「あの時は本当に大変だった」「だけど今はこうやって立派に花嫁になって」と、ご両親の感動ムードを最大限まで引き出します。

「メモリアルフィルム」は、メッセージに思い出の写真を添えてご両親に伝えたい新郎新婦様にオススメのレターロールビデオです。

懐かしさを想起させる感動的なレターロールを

いつも迷子になって親に迷惑かけていた、制作担当の近藤です。
親の手にひかれていたはずなのに、速攻で迷子になり優しい大人に救出してもらっていた自分は、本当に親に迷惑をかけた問題児でした。

結婚式で「いつも迷子になってごめんね」と言ったら、母はとても優しく微笑んでくれました。今でも鮮明に覚えています。

家族と共有できる記憶というのは、話しているだけで笑顔になったり、怒ったり、泣いたりできるものです。
「ほんとに迷子になったときはもうだめかと思ったんだよ」
「俺ももうお母さんに会えないと思った」
「見つかったのが奇跡だよ」
「ごめんごめん」
冗談混じりにかわす懐かしい話は、お互いの心のフィルムに焼き付いた大切な思い出です。

子と親" レターロールビデオのメリットは、写真でメッセージの背景にある情景がイメージしやすく、より感情に訴える事ができるという点です。

全体をセピア色にすることでノスタルジックさを強調。『子から親へ』の感謝の言葉が、昔を懐かしむムードによってより深みを増します。

思い出の共有は分かり合っている間柄ほど心に響くのです。

「メモリアルフィルム」は、永遠に色あせない思い出の写真がエッセンスとなり、手紙を感動的に演出します。


セピアカラーの
写真が彩る情景

クラシカルな演出で大切な人との思い出が心のフィルムから蘇るレターロール

レターロールメモリアルフィルムのサンプル 仕切り線

映写機が映し出す両親との思い出00:00~00:16

00:05

暗い中、映写機が突然音を立てて動きだし、フィルムが廻りだします。映写機からは光だけがこぼれています。

00:10

映写機の映しだす先は、もちろんスクリーンです。何を表示するのでしょうか?

00:14

そこには「お父さん お母さんへ」の文字が。やわらかなテイストのフォントが優しかったご両親への気持ちの表れでもあります。

仕切り線

さみしくも感動的なひと時を演出00:17~02:42

00:31

写真と写真のネガがクラシカルな雰囲気を出しています。また映画館のスクリーンを思わす演出も凝っています。

01:30

モノクロの写真と光り輝く背景が、とても温かみを感じさせます。感動も最高潮になってきました。ご両親への感謝の気持ちは忘れません。※お写真はご希望によりカラーに変更する事も可能です。

02:30

最後に、新郎様のご両親にあてたメッセージが流れます。これからの人生に始まりの決意を感じさせます。

仕切り線

娘から
両親へ02:43~03:01

02:46

最後は、黒背景となり差出人である自分の宛名が表示され、静かにBGMが終わり幕が閉じます。
※使用お写真は4枚~となっております。

制作担当からの
おすすめPOINT

黄金色に輝く演出がノスタルジックな雰囲気をだしている「メモリアルフィルム」です。
ネガを背景に当時の思い出と共に感謝の言葉を伝えたい、「フィルム」や「クラシカル」を希望する方に特にオススメのレターロールプランになります。

メモリアルフィルムのご注文はこちらから

この記事を書いた人

コンドウウェディングムービーディレクター

結婚式の余興と聞けばだまっていられず、兄弟や友達の結婚式では自作のウェディングムービーをひっさげ渡り歩いてきました。
しかし、まわりの人達だけではなく全国の新郎新婦に喜んでもらいたい思いで、ムービーLabの映像制作に情熱を燃やしています!