結婚式のプロフィールムービー、オープニングムービー制作の専門店

今月のキャンペーン情報
ウェディングムービーLabへフリーダイヤルで電話する
電話コンシェルジュ
0120-4652-37 電話でコンシェルを詳しく見る

自分達らしさを出したい!いくらでもあります結婚式の演出60

結婚式の演出

皆様、こんにちは。アマノです。
私は結婚式や披露宴の余興や演出を頼まれると喜んで引き受けます。人を喜ばせるのが根っから好きな性分なのでムービーLabもそのためにやっているようなものです。そこで今日は私が今までにやったり、見聞きした演出アイディアをご紹介します。

アイディアで勝負!? 喜ばれる結婚式の演出方法

今回は結婚式の演出についてご紹介いたします。結婚式で2人らしさを発揮できるのは何といっても演出です。人とは違った演出をしたいという方はたくさんいますですが、
具体的に何をすればいいのか、アイディアが浮かばない…という人も多いのではないでしょうか?
そこで、まずは色々な演出を参考に、自分たちに合った演出を考えてみましょう!
ゲストが楽しかった!という演出をまとめてみました。

■ムービー演出

我々がムービー制作会社であると言うことで、まず最初にムービーを使った演出をご紹介いたします。

  • オープニングムービー
    オープニングムービーは、新郎新婦が会場に入る直前に流す演出用映像です。オープニングムービーを流すことでゲストは入場したふたりに注目し、さらに盛り上がることでしょう。ムービーLabのオープニングムービー
  • プロフィールムービー
    プロフィールムービーは新郎新婦の生い立ちや、おふたりが出会ってからこれまでの道のりなどを紹介する映像です。プロフィールムービーを通して今まで支えてくださったゲストの方々に感謝の気持ちを込めることができます。ムービーLabのプロフィールムービー
  • レターロール
    映画でも、エンドロールが無くいきなり映画本編が終ってしまったら、余韻がありませんよね。ゲストに祝われるだけではなく、最後は新郎新婦側から感謝のメッセージで締めくくることで、披露宴に「余韻」が生まれるのです。ムービーLabのエンドロール
  • エンドロール
    レターロールの映像演出は、感謝のメッセージとともに、数々の思い出のお写真が流れます。ご両親だけでなく、ゲストの皆様にも感動を伝えることができます。ムービーLabのレターロール

■盛り上がる演出

次に、披露宴を盛り上げたい!ゲストと一緒に楽しく披露宴を過ごしたい!という方にオススメの演出アイディアです。

  • ビアサーブ
    新郎がビールサーバーをかつぎ、ゲストテーブルを周りビールサーブする、とても盛り上がる演出です。各テーブルでは一緒に写真撮影をしたり、何度もお変わりをする人や、中には口に直接ビールをそそぐなんて場面の見たことがあります。ただし、ハメを外しすぎないようにご注意ください。
  • 巨大クラッカー
    テレビや結婚情報誌でも取り上げられ、最近注目を集めている演出です。種類もたくさんあり、ちょっとしたブームになっているようです。クラッカーがはじける瞬間はシャッターチャンスなので撮り逃しなく!
  • タイカット
    ゲストの一人が新郎のネクタイを切り、それを細かく切り刻んで売るというものです。切れ端を買うことで幸せを分けてもらうという意味があるそうです。ご祝儀のないヨーロッパの風習ですが、一風変わった披露宴にいかがですか?
  • 鏡開き
    神前式の結婚式で、披露宴もそのままでという場合、ケーキカットの変わりに鏡開きを行うことがあります。新郎新婦が木槌で樽の蓋を叩き割り、枡にお酒を入れて配っていきます。お酒好きの方にはとても喜ばれる演出です。
  • 餅つき
    鏡割りと同じく和風の披露宴で行われることがあるのが餅つきです。新郎新婦やゲストが順番に餅をついていき、出来上がったお餅をみんなで食べます。大勢でワイワイしながら餅をつくので、アットホームな披露宴にしたい方にはうってつけです。
  • バルーンリリース
    新郎新婦の「幸せが天まで届くように」との願いを込めて、ゲストと一緒にたくさんのバルーンを飛ばします。式のフィナーレを飾るにふさわしい演出ですね。
  • 打ち上げ花火
    とても派手な演出です。リゾートウェディングなどで見かける演出で、海上などから打ち上げ花火を上げます。個人ではなかなか難しい演出なので結婚式場やウェディングプランナーの方に相談してみるとよいでしょう。
  • 始球式
    野球好きの新郎新婦にはこれ。「新郎が高校時代に甲子園に行った」「出会いのきっかけが野球観戦」など野球に関わりの深い新郎新婦はこれで、自分達らしさを演出できます。バッテリーは夫婦に例えられることもあり、どちらが球を投げるかで、今後の今後の夫婦生活が見えてくるかもしれませんね(笑)

■余興にひと工夫

普通の余興ではもの足りない、余興でも自分らしさや特別感を求める方にはこれです。

  • 新郎(新婦)のかくし芸
    かくし芸と言ってもお正月にTVでやっているように、そのために習得するのは難しいと思います。趣味などで日頃やっている楽器やダンスなどを披露するだけでも、余興としては十分でしょう。自分達らしさの為に、新郎や新婦がやるとことに意味があると考える人もいます。
  • お笑い芸人・タレントを呼ぶ
    TVなどでおなじみの芸能人を呼んで余興をお願いします。芸能人を呼ぶサービスは様々な業者がやっているので、WEBなどで探せば意外と簡単に呼ぶことが出来ます。やはり予算は有名な人ほど高くなりますが、みなさんプロなので誰を呼んでも結婚式を盛り上げてくれるのは間違いありません。
  • マジックショー
    結婚式のマジックショー"プロのマジシャンに依頼してマジックショーをします。ショーのパターンは大きく分けて2つあり、余興として前で(ステージなど)マジックショーをする場合と、各テーブルを回り、テーブルマジックをするパターンがあります。余興としての場合は時間の融通がききますが、テーブルマジックの場合1テーブルにつき5分ほどはかかるので、ゲストの人数が多い場合は時間やマジシャンの人数を考える必要があります。

■ゲストへのプレゼント

主役はもちろん新郎新婦ですが、ゲストにも楽しんでもらうのが披露宴です。

  • ブーケプルズ
    ブーケトスはよく知られた演出ですが、ブーケプルズも同様の演出です。違いはブーケを投げるのではなく、ブーケからリボンを何本か出しておきくじ引きのように引きます、1本だけがブーケとつながっており、それを引き当てた人が次の花嫁になると言うものです。ブーケを投げないので室内でも行うことが出来ます。
  • ブロッコリープルズ
    ブロッコリープルズの方法は、ブーケプルズと同じです。違いは新婦ではなく新郎と独身男性で行うところです。なぜブロッコリーかというと、房がたくさんあるので子孫繁栄や子宝の象徴とされているからです。
  • デザートビュッフェ
    甘いものが好きな女性は特にうれしい演出です。料理がおいしい披露宴はゲストの印象にも残ります。新郎新婦がシェフやウェイトレスの衣装を着てサーブするというやり方もあります。
  • ケーキサーブ
    新郎新婦がウェディングケーキなど、ケーキを切り分けゲストに配る演出です。テーブルは一緒に写真を撮ったりもします。キャンドルサービスの代わりとして行うことなどもあります。
  • プレゼントリレー
    プレゼントが何重にも梱包されたており、一つ箱を開けるとメッセージが書いてあります、例えば「笑顔の素敵な女性に渡してください」などと書いてありますので、メッセージにしたがい、次の人に渡していき最後の箱を空けた人にプレゼントされるというものです。
  • ドラジェ
    ドラジェとはアーモンドをチョコレートでコーディングしたお菓子です。アーモンドは繁栄・多産の象徴とされ、縁起のよいお菓子とされています。キャンドルサービスで一緒に配ったり、お見送りの時に渡したりします。
  • ミニブーケ
    披露宴の飾り付けで使った装花を、ブーケにしてゲストの皆様に配ります。多くの結婚式場で装花は持ち帰り自由となっていますが、そのままでは持ち帰りにくく持ち帰りようの袋では見栄えも悪いので、ミニブーケにして渡すのがよいでしょう。
  • LOVEガチャ
    プチギフトをただ渡すのではなく、楽しく渡す演出です。プレゼントやそれを書いた紙をガチャガチャに入れてゲストの方に回してもらいます。何が出るかわくわく感のある演出です。WEBで調べるとオリジナルのガチャガチャを作れるサイトがいくつかありますね。

■ゲストから2人へ

ゲストから、新郎新婦に贈る演出にはさまざまなものがありますが、一例を紹介いたします。

  • タイムカプセルキャンドル
    ゲストの皆様にメッセージを書いていただき、キャンドルに入れ点火して完成。メッセージはその時には取り出さず、結婚記念日ごとにキャンドルに火を灯していくと、数年後に取り出せるという時を越えたプレゼントです。
  • チェキメッセージ
    招待客の写真をチェキで撮り、メッセージを書いてもらいます。書いてもらったチェキは、ウェルカムボードに貼り付けたり、一冊の本にまとめてゲストブックにしたりと、アイデア次第でいろいろな使い方ができます。

■ゲストへの感謝を伝える

披露宴に集まったゲストの皆様は、二人にとってかけがえのない人ばかりです。そんな皆様に感謝の気持ちを伝えましょう。

  • 手書きメッセージ
    手書きメッセージのイメージ"披露宴のテーブルに二人からのメッセージがあるとゲストは嬉しいものです。全員にメッセージを用意するのは大変ですが、その苦労もゲストの喜ぶ顔を思えば楽しくなりますよね。その人との思い出などを考えていくと書きやすいです。
  • ウコンの力
    受付にウコンの力を用意しておきます。飲み放題の披露宴や、お酒好きのゲストが多い時などにあると喜ばれます。置き方もただおいて置くだけではなく、POPをつけたりすると雰囲気を壊さずにいい感じです。
  • 受付にお菓子
    会場には早めに到着されるゲストの方もいますので、披露宴までに待ち時間が出来たりします。そんな時に受付に、お菓子などを置いておく小さな心づかいがあると、待ち時間でも楽しく過ごしていただけます。

■ゲスト参加型

ゲストと一緒に行う演出は、より思いで深く感動的なものになります。

  • キャンドルリレー
    新郎新婦とゲストでキャンドルの灯を。りれーでつないでいきます。つないだ灯は最後に新郎新婦がメインキャンドルに灯します。たくさんの灯が広がっていく美しいウェディングセレモニーです。
  • キャンドルピラミッド
    メインキャンドルの周りに、ピラミッド状にミニキャンドルを飾りつけます。ミニキャンドルにはお色直しなど、新郎新婦が中座している時に、一つずつ点火してもらい、最後に新郎新婦が点火して完成です。
  • マイクリレー
    ゲストの皆様にマイクをリレーしテーブルスピーチをしていただきます。スピーチして頂くゲストは事前に伝えておいてもいいですし、いきなりマイクを渡してサプライズな演出にしてもよいです。司会の方と打ち合わせをしておくと、その時の雰囲気に合わせゲストにマイクリレーをしてもらえます。
  • ドレス色当てクイズ
    お色直で着るドレスの色をゲストの方に予想してもらうクイズです。当たった人には景品をプレゼントします。クイズの方法は受付に投票箱を置いておく方式や、各色のペンライトを用意し入場の時に振ってもらうなどアイディアしだいです。
  • ケーキデコレーション
    ケーキカット用のケーキにゲストの皆さんにデコレーションしてもらう演出です。自分達でこだわりのウェディングケーキを用意するのもいいですが、ゲストの皆様と一緒に作るケーキも思い出深いものになります。
  • 色紙にメッセージ
    ゲストの皆様に色紙を回して寄せ書きをもらいます。書いていただいた寄せ書きはお見送りの時に飾っておいたり、結婚式が終わったあとにもかけがえのいない思い出として残るものになります。
  • ウェディング・ツリー
    海外の結婚式では定番になっている演出です。葉っぱのない枝だけの木の絵に、ゲストはそれに拇印とサインをしていき、二人の結婚の証人になってもらいます。拇印は爪を伸ばしている女性など難しい場合もあるので、スタンプやシールを使ってやる場合もあります。

■写真で楽しむ

写真は最高の瞬間を切り取る、永遠に残る演出です。披露宴の時も楽しく、この後の人生でも振り返る時も笑顔になれる演出です。

  • テーブルフォト
    新郎新婦が各テーブルを周ってゲスト写真を撮る演出です。ゲストと触れ合って披露宴をしたい新郎新婦に人気があります。ただ、盛り上がってくると一テーブルにかかる時間が長くなってしまい、その間他テーブルのゲストは待ち時間になってしまうので、プランナーの方に時間管理をお願いしたり、他テーブルのゲストの皆様を飽きさせないような工夫があるとよいです。
  • 使い捨てカメラ
    各テーブルに使い捨てカメラをを置いておき、ゲストに自由にとってもらいます。撮ってもらった写真は現像して大切な思い出となります。中には「何を撮ったらいいの?」と迷うゲストの方もいらっしゃるので、最初に「テーブルの様子を撮ってください」など予め伝えておくとスムーズです。最近はスマートフォンなどで写真が取れるので必要なさそうですが、使い捨てカメラならではの写真になるので用意する価値はありです。
  • クロスハンド
    写真を撮る時のポーズの演出です。乾杯の時に新郎新婦が腕をクロスさせて、グラスを口に運びます。他にも披露宴での写真撮影のポーズの演出には、例えば「ウェディングケーキをお互い食べさせあう」などたくさんあるので探してみてください。シャッターチャンスが増えるとゲストの皆様も楽しんで写真を撮ってくれます。
  • ポーズカード
    テーブルフォトをする時の方法の一つです。普通に写真を撮るのではなく、ポーズを書いたカードを用意しゲストに一枚ずつ引いてもらいます。そのカードに書かれたポーズで一緒に写真撮影をします。誰にどんなポーズが当たるか楽しみですね。

■両親への心遣い

二人の結婚を一番喜んでくれているのはご両親では無いでしょうか?そんな両親にわずかばかりのお礼の演出はいかがでしょうか?

  • サンキューバイト
    ウェディングケーキを新郎新婦が、お互いの口にはこぶファーストバイトは有名ですが、これは新郎新婦が両親にケーキを食べさせます。今までの感謝の気持ちを込めてケーキを両親の口にはこんであげてください。これは両親だけでなくお世話になった人などを指名して行ってもよいです。
  • ラストバイト
    これはサンキューバイトとは逆に両親が新郎新婦にケーキを食べさせる演出です。今まで自分達の子供だった新郎新婦に最後の一口としてケーキを食べさせます。これには「養い収め」という意味が込められています。
  • オリジナル絵本
    両親への想いを絵本にして伝えます。といっても一から絵を描いて絵本を作るのは無理なので、両親への想い文章で書くとそれをプロのイラストレーターの方が絵を描き絵本にしてくれるサービスがあります。
  • 子育て卒業証書
    今まで育ててくれた両親に感謝をこめて、子育て卒業証書を贈ります。育児は苦労がつきものですが、それも一気に報われますね。子育てを卒業した先輩への尊敬を表す演出でもあります。新婦様の両親への手紙のタイミングで渡すのもGOOD。
  • 感謝状
    シンプルに感謝状を渡すパターン。新婦様だけでなく、新郎様も直筆の感謝状を手渡すのが喜ばれます。今までの出来事を思い出し、当時言葉では言えなかった思いはぜひ手紙で伝えてみましょう。
  • マザーズラブキャンドル
    キャンドルサービス入場時に母親が点火する「マザーズラブキャンドル」

■おまじないを取り入れる

古くから続くおまじないには何か意味のあるものが多くあります。披露宴にもおまじないの要素を取り入れるのも面白いです。

  • ダーズンローズ
    ヨーロッパに伝わる風習で、12本(1ダース)のバラを新郎から新婦に渡します。これにはプロポーズの意味があり、新婦は承諾の印としてそのバラの中から1本を、新郎にブートニアとして胸にさします。日本では披露宴での公開プロポーズとして行われることが多いようです。
  • 水合わせの儀
    日本古来の儀式で、新郎新婦が互いの実家から汲んできた水を杯に注いで飲みます。それぞれ違う家庭に育ってきた二人が、新たな家庭を築いていくという意味が込められています。

■細部までこだわりを取り入れる

神は細部に宿るといいます。細部にまでこだわった披露宴は新郎新婦やゲストの心に、しっかりと焼き付けられることでしょう。

  • テーブル名をオリジナルで作る
    普通テーブルには番号が振られているだけですが、それを星座の名前や地名などオリジナルのテーブル名をつけます。他にもゲストと新郎新婦が出会った日からの日数にしたり、ラブソングの歌詞にしたりするアイディアもあります。また、名前を考えるだけでなく立て札もオリジナルで作ると、さらに細部へのこだわりを演出できるでしょう。
  • ウェディングケーキのデザインに徹底的にこだわる
    ウエディングケーキはふたりのオリジナリティを最大限取り入れやすいポイントです。式場によっては世界にひとつだけ、おふたりのためだけのケーキをデザインしてくれます。キャラクターや趣味のアイテム、ふたりの思い出のものなど、特別なケーキを作ってはいかがでしょう。
  • BGMの生演奏
    BGMに生演奏をお願いします。演奏はプロの方にお願いしてもいいですし、ゲストや家族の中に楽器の得意な方がいらっしゃればお祝いとして演奏して頂くとより特別感が増します。生演奏は格式高い印象を与えるので、ワンランク上の披露宴を望む方にオススメです。

■幻想的に演出

披露宴という非日常を、よりいっそう華やかにしてくれる幻想的な演出はすでに定番といってよいでしょう。

  • フラワーシャワー
    フラワーシャワーのイメージ"結婚式と言えば多くの方が思い浮かべる“フラワーシャワー”。 ゲストの皆さんに花びらを撒いて祝福してもらいます。フラワーシャワーには「花の香りによって周りを清め、悪魔・災難から2人を守り、幸せを祈る」という意味があります。ただ式場で用意してもらう生花は高額なため、可能な場合自分たちで用意したり、造花をつかったりして節約するカップルも増えています。
  • ライスシャワー
    こちらも一般的なシャワー演出です。お米は豊作や子孫繁栄の象徴で、「新郎新婦が豊かな生活を送れるように」と願いをこめる意味があります。カラフルに色づけされたお米はとてもかわいらしいですね。撒いたお米は小鳥がつつきに来ることもあり、幸せのおすそ分けをできそうです。
  • バブルシャワー
    シャボン玉を飛ばす“バブルシャワー”は、ナンバーワンに幻想的です。写真うつりもよく、ふんわりと浮かぶ様子が心を和ませてくれます。弾けるので掃除をする手間がなく、フラワーシャワーやライスシャワーができない式場でもOKしてくれる場合があります。ゲストも童心に帰って楽しめます。
  • 折鶴シャワー
    和婚にうれしい“折鶴シャワー”。千代紙を使えば色とりどりのきれいな折鶴を作ることができます。準備までふたりで少しずつ折っていけば、本番の感動もまたひとしお。新郎新婦が折ったたくさんの鶴は、ゲストにふたりの仲睦まじさを印象付けます。同じ千代紙を切って紙ふぶきとして混ぜても綺麗ですね。

■新郎から新婦へ

これから新しい生活が始まる新郎新婦。「これからよろしく」という意味を込めて新婦へ贈る演出です。

  • サプライズプロポーズ
    意外と多いのが、特別なプロポーズをせずに結婚が決まったカップル。結婚式までくると、新婦様は「プロポーズはもう無いのかな」とあきらめています。そこで、結婚式で思い切ってサプライズプロポーズ!メッセージを潜ませたブーケを渡したり、オリジナルソングを歌ったりして改めてプロポーズしましょう。思いがけない演出に、新婦様はきっと大喜びすることでしょう。
  • 新郎からの感謝の手紙
    新婦様に手紙を渡したことはありますか?通信手段が増えた時代、女の子は手紙を渡しあうことがあっても、男性が手紙を書くことはめったになくなってきました。日頃の感謝を手紙にしたためて、新婦様にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

■お色直し中の時間も退屈しない演出

披露宴は新郎新婦は忙しくててんてこ舞いですが、ゲストの方は待ち時間も多いものです。そんな待ち時間を、待ち時間と感じさせない演出です。

  • ふたりの紹介コーナー
    新郎家のゲストは新婦を、新婦家のゲストは新郎をもっと知りたいと思っています。司会者に紹介してもらうのもいいですが、プロフィールムービーを流すならこのタイミングがベスト。楽しくふたりの事を知ってもらいましょう。
  • ふたりの紹介パンフレット
    ふたりの生い立ちや馴れ初めを紹介するパンフレットは、お土産としても喜ばれます。プロに頼んでハイクオリティに仕上げたり、ふたりで楽しく自作したり。年表やクイズ形式・新聞風など、自由に構成できます。
  • バースデーニュースペーパー
    ふたりが生まれた日は何があった日なのか、話題作りにとても便利です。特に年上のゲストには懐かしい記事が載っているかもしれません。持っていない人も大丈夫!新聞社に問い合わせれば、当時の新聞のデータを送ってくれるところがあります。
  • トリビア
    司会者に、結婚にまつわるおまじないや言い伝えなどのマメ知識を紹介してもらいます。事前に相談すれば、ふたりの結婚式に合わせて良いネタを考えてくれますよ。その豆知識がセレモニーに活かされていると、ゲストも楽しい気分に。

まとめ

こうしてみますと、 ビアサーバーを新郎が背負ってテーブルを回る「ビアサーブ」の様に ちょっとおふざけ系から、 「マザーズラブキャンドル」の様な感動系まで 様々な演出方法があります。 結婚式の演出 しかし、ここで忘れてはいけないのはゲストへの感謝です。
新郎新婦当人だけが楽しい自己満足の演出に終わると、ゲストの皆さんも大人ですので悪い事は言いませんが、しかし、本音はどうでしょう?
自分たちが招待するゲストの方々を思い描き、どんな演出だと喜んでもらえるのかを、演出を選ぶ一番のポイントにおき、来ていただいたゲストの皆さんに「こんなに楽しめたのは初めて!」と言ってもらえる披露宴にしましょう!

この記事を書いた人

アマノムービーLabゼネラルマネージャー 天野企画 代表

関わる人すべてを幸福にしたいという理念のもと、10年以上結婚式のムービーを制作してきました。
これからもより多くの皆様に喜んでもらえるように、ムービー制作やサービスを磨いていきます。