結婚式のプロフィールムービー、オープニングムービー制作の専門店

今月のキャンペーン情報
ウェディングムービーLabへフリーダイヤルで電話する
メールでのお問い合わせ
サンプルDVDと資料請求
電話コンシェルジュ
0120-4652-37 電話でコンシェルを詳しく見る

結婚式の招待状で使う文書で「、」「。」などの句読点を付けない理由

結婚式の句読点

皆さん、こんにちは!代表のアマノです。
さて、今回は結婚式で使う文書などで「、」「。」の句読点はつけてはいけないのでしょうか?という疑問に対して真相を解明し、本質をまとめたいと思います。

句読点(くとうてん)の役割

「句読点」とはそもそも文章を読みやすく、かつ理解しやすくするための符号です。句点は「。」、読点は「、」で、使い方はシーンによって様々なルールがありますが、本質的には「文章を読みやすくする」ものです。

祝い事に使用しない理由

細かいことにこだわる日本人は「、」や「。」などの句読点を「切れる」や「切る」、「終わる」という意味として捉え、「縁が切れる」とか「幸せに終止符を打つ」とか、「死ぬ」というもイメージを連想させるということで、結婚式などの文章には使わない流れになっています。
まぁ、暗黙のマナーのようなものなので、絶対ではないと思います。「俺はパンクだぜー!」っていう人も、結婚式くらいは句読点のかわりに半角スペースなどを使ってください。

その他の慶事(出産などの喜びごと・祝いごと)なども同じで、句読点は使わない方が日本人としての流れに乗っています。「俺はパンクだぜー!」っていう人もいつか役に立つと思いますので、是非覚えておいてくださいね!

ちなみに、句読点は明治時代に入るまで使われておらず、子どもが文章を読みやすいために使われたのが始まりだそうです。

祝い事のイメージ

ムービーLabでの句読点の扱い

ムービーLabではお客様からいただいた原稿に句読点が合った場合でも、基本的に削除して制作をしています。お客様にはここで述べた理由を伝えた上でムービーの確認をしていただいています。まれにどうしても句読点を入れて欲しいというお客様には、句読点を入れた状態での制作も可能ですが、ムービーLabとしては句読点無しをおすすめしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。日本の文化には暗黙のマナーが数多く存在するようですが、その一つが今回紹介した「慶事に使わない句読点」です。繊細な心を持つ日本人ならではの気の使いかたですね!
日本人のアイデンティティーはこのようなところから育まれるのですね!
美しいですね!

この記事を書いた人

アマノムービーLabゼネラルマネージャー 天野企画 代表

関わる人すべてを幸福にしたいという理念のもと、10年以上結婚式のムービーを制作してきました。
これからもより多くの皆様に喜んでもらえるように、ムービー制作やサービスを磨いていきます。