結婚式のプロフィールムービー、オープニングムービー制作の専門店

今月のキャンペーン情報
ウェディングムービーLabへフリーダイヤルで電話する
電話コンシェルジュ
0120-4652-37 電話でコンシェルを詳しく見る

プロが選ぶ!結婚式おすすめ映像編集ソフト(有名・簡易版)

結婚式の映像編集ソフトで悩む女性

みなさんこんにちは!代表のアマノです。結婚式を控えている中、手作りの結婚式を夢見て、映像も自分で作ってみようと考えている方もいるんじゃないかと思います。パソコンの性能が飛躍的に進化した現代では、一般の方でも簡単に映像編集を実現できる時代がやってきています。そんな中、映像編集を経験したことのない人でも、比較的直感的に操作できるオススメの編集ソフトを紹介いたします。

業者がオススメする編集ソフトって何?

いざ自分で映像を作ってみようと考えたとき、まずは、どの編集ソフトを使っていいか悩むところからはじまりますよね。そこで今回は自作プロフィールムービーやエンドロールビデオ、メッセージビデオなどを制作する際のおすすめのソフトを特徴や価格面で総合的に良いと思う編集ソフトをいくつか紹介させていただきます。

COREL VideoStudio X9 (価格12,800円~16,800円)

ビデオスタジオはオールインワンのビデオ編集ソフトですね。やりたいことはたいていできます。細かいところ、かゆいところにも手が届く感じです。「モーショントラッキング」などもポップな作品を作るときなどは他の安価なソフトではなかなか無い機能なので面白いですね。映像の中で動く被写体に吹き出しなどをつけて、テレビ番組のような演出を加えることも可能です。

テンプレート機能も豊富でこれを使えば、何も考えずに作品らしいものが制作できてしまいますね。 ビデオクリップや画像、音源をタイムラインに直接ドラッグ、してタイムラインに重ねていくだけで直感的な編集が可能です!!
これからも映像編集を趣味としてやって行きたい方にはお勧めです! ※バージョンにより、内容と価格が若干異なります。

・COREL VideoStudio X9の詳細はコチラ

windowsムービーメーカー (価格0円)

ムービーメーカーは無料ダウンロードできるソフトです。windows OSユーザーの方なら、誰でも無料で使用できるので嬉しいですね。直感的にとてもわかり易いソフトで、簡単なアニメーションや場面転換(トランジッション)なども付けられます。ただタイムラインの時間軸の概念がつかみにくいので、細かい所をトリミングしたいとか、微妙に調整したい場合は使いにくいですね。ただ一通り機能は揃っていますので、使いこなせば良いソフトです。なんせ無料ですから!
windowsムービーメーカーの使い方は弊社の運営する別サイト(自作プロフィールムービーの作り方)で紹介していますので、ぜひ御覧ください。


・windowsムービーメーカーのダウンロードはコチラ

PhotoMovie Studio 6 Wedding (価格6,380円~19,900円)

PhotoMovie Studio 5 Weddingは、エンドロールなど結婚式専用のスタイルとDVDのテンプレートを追加した、ウエディング専用フォトムービー作成ソフトです。操作はとても簡単で、画像や動画を差し入れて、結婚式のテンプレートを選ぶだけで、すばらしい作品ができあがますが、凝ったカスタマイズ作品を求める方にはあまり向いていません。


・PhotoMovie Studio 6 Weddingの詳細はコチラ

みんなのフォトムービー8 Wedding (価格9,504円~11,880円)

豊富に用意されたテンプレートに写真に当てはめていけば、それぞれのテーマに合ったオリジナルのフォトムービーがすぐに完成します。また、写真をより美しく見せるために、明るさやコントラストなどの写真品質を、ワンクリックで最適化できる専用ツールを付属しています。思い出の写真を、美しく補正してフォトムービーに利用できます。しかしながら、みんなのWeddingフォトムービー5は、写真しか扱えませんので、動画などの収録を考えている方には向いていません。Windows ムービーメーカーに少し機能を追加したような感じのソフトです。映像の切り替えの効果(トランジション)とズームなどしか設定できないのと、写真の上に装飾は付けられるようですが、あくまで簡単に作りたい方へのおすすめソフトです。

・みんなのフォトムービー8 Weddingの詳細はコチラ

番外編

EDIUS Neo 3.5 (現在販売終了)

カノープスの時代からファンだった私は、このEDIUS Neo シリーズをこよなく愛していました。なんて安価で、安定して、直感的に使えるソフトなんだ!!
10年前のDVStorm から始まり、Ultra EDIT2 など徐々に進化を遂げたカノープスのビデオ編集ソフトですが、いよいよEDIUSシリーズにその安定性が引き継がれました。
EDIUS Neo 3.5 は、世界中の映画や放送局で採用されている「EDIUS」の独自技術や高画質エンジンを継承したビデオ編集ソフトウェアです。とても安定した動作に定評があります。

現在はEDIUS NEO の在庫が無くなり次第、販売は終了し、Neoのアップグレードは行われません。 今後はEDIUS Proシリーズに集約されます。
※EDIUS Pro 8をインストールするにはインターネット接続が必要になるので、 インターネットに接続しないでNeoを使っていたユーザーは注意が必要です。

・EDIUS Neo 3.5の詳細はコチラ

・EDIUS Pro 8の詳細はコチラ

まとめ

映像の編集ソフトも本当にピンきりですが、とにかく安く編集したいなら、ムービーメーカーをお勧め致します。一通り機能は揃っていますので、大体のことはできます。オリジナルで凝った編集、細かいところまで自分の思うように編集したい場合は、少しお金をかけて上位ソフトを購入したほうがいいでしょう。あとあと趣味で映像編集などもやってみたい人は、上位ソフトをお勧めします。大抵のソフトは購入前に体験版がダウンロードできますので、一度操作性を確かめてみてから購入されるとよいですね!


いずれにしても、購入→習得→編集という工程を踏まなければならないので、時間がある人にお勧め致します。日々仕事で忙しい人が、映像編集にハマると大変なことになります。何故ならば、夜眠れなくなるからですzzz…(笑)

この記事を書いた人

アマノムービーLabゼネラルマネージャー 天野企画 代表

関わる人すべてを幸福にしたいという理念のもと、10年以上結婚式のムービーを制作してきました。
これからもより多くの皆様に喜んでもらえるように、ムービー制作やサービスを磨いていきます。