結婚式のプロフィールムービー、オープニングムービー制作の専門店

今月のキャンペーン情報
ウェディングムービーLabへフリーダイヤルで電話する
メールでのお問い合わせ
サンプルDVDと資料請求
電話コンシェルジュ
0120-4652-37 電話でコンシェルを詳しく見る

ゲストが喜ぶプロフィールムービー!披露宴参加者61人に聞きました!

結婚式プロフィールムービーいいなーやだなー

ゲスト目線「よかった!」「それとも…」結婚式プロフィールムービー実情

全国津々浦々、結婚式に向けて着々と準備を進めている皆様、こんにちは!代表のアマノです。さて今回は、プロフィールムービーの制作時において、どうすればゲスト全員が喜んで頂けるかどうかを考えてみましょう。

自分の目線よりもゲストの目線に立って!

プロフィールムービーの制作時において、考えているとどうしても煮詰まってしまい、主観的なものになってしまいます。ですので気をつけなければならないことを、実際にアンケート調査を行ない、ゲスト目線での「生の声」を集めました。それを一挙公開いたします!

考える

実際にゲストの方々に「生の声」を聞きました

プロフィールムービーの制作にあたり、どうしても主観的に考えてしまい、失敗する可能性は高くなりがちです。ゲストの方々のアンケートの意見を参考に客観的に考えて頂き、皆様に喜んでいただけるものをつくりましょう!

プロフィールムービーを見て”いいな~”と思ったこと

  • プロフィールの合間に、ご両親や友人宛の感謝の気持ちが載せられていて、いいな~と思いました。とても嬉しかったし、ほんわかしました。(女性/30代)
  • 友人の結婚式に出席した際のプロフィールムービーは、新郎との馴れ初めや、新婦からみた新郎への印象など、インタビュー形式で面白おかしく作られていました。 新郎の友人が作成したみたいで、業者が作るものより温かみがあって良かったです。(女性/30代)
  • 新郎&新婦の小さい頃や、どんな感じの子供だったのかを知れるのでいいな~と思います。自分の知らない時間を、ちょっと共有できる感じがいいと思います。(女性/30代)
  • 会場にいる皆さんの写真が流れる中、新郎が簡単な挨拶→寒くない程度のギャグを交えた演出VTR(女性/20代)
  • 新郎、新婦の生い立ちまではよくあるパターンなのですが、最後に新郎
  • 新婦によるゲスト一人一人に向けたメッセージがテロップで流れて、感動しました。 なかなか個々で改まって話す機会はそうないので、いいなと思いました。(女性/30代)
  • 小さいころの写真とかを見れてかわいいなと思う。 出会いとかのきっかけがわかったりするので面白い。(女性/30代)
  • やはり両家の家族の歴史を知れるとこですかね。お互いの歴史を感じます。(男性/30代)
  • 演出効果の良いプロフィールムービーを見たら、披露宴に参加している、という感覚になって ワクワクしたことがあります。ふたりの歴史を垣間見られて、短編ドラマを見ているような気分になるのがいいです。(女性/40代)
  • その人の小さい時から、結婚相手との出会いなどが見ていて、とても感慨深くいいなーと思います。(女性/30代)
  • あいのりの映像を作った会社の方がそれ風にアレンジをし、新郎と新婦の出会いから今までにいたるまで、プロポーズなどの実際に言った言葉を使い、映像を作ってました。 それがわかりやすかった、というわけではないのですが、テレビ風にしてありすごい見やすかったです。(男性/20代)
  • 新郎と新婦がどう暮らしてきて、どうやって知り合って結婚に至ったのかが分かるVTRは良かった。(男性/40代)
  • 新郎新婦の子供の時からの写真と、出会ったときの写真をみると、背景がよくわかっていい。 それから二人が歩いている様子をみると、これからの人生を共に歩む様子が容易に思い浮かべられる。(女性/20代)
  • 学生時代の紹介などで、制服の写真や部活、サークルなどで楽しんでいる写真が流れているときは、普段見ている姿と違う隠れた一面もでてくるので、見ている方も楽しい。(女性/40代)
  • 小学生からの友人の式で、当時の一緒に写っている写真を使っていたこと。懐かしかった。(女性/30代)
  • 僕は男なので、新婦さんがキレイだったり可愛かったりすると、純粋に「ええなぁー」って感じで画面をボーッと見惚れてしまします。また、ふたりの出会いとか、付き合いたての頃のものを加工した映像なんかはグッときます。ドラマを感じるからでしょうか。 他人同士が、ある日偶然であって、今この場で結婚式をあげている。その時の流れのようなものに胸をうたれます。視線は新婦さんに向いています。(男性/40代)
  • 新郎新婦の出会った頃の写真を見ると、友達の前では見せていない様子が伝わってジーンとします。(女性/30代)
  • 家族と旅行した思い出が写っている写真が出てくることや、自分の生い立ちを振り返ってみる事ができること。(女性/30代)
  • 写真と本人たちのコメントが交互に画面に出てきて、ゆっくり文字を読めました。音楽はゆったりとした音楽で、おふたりのお気に入りのものだと言ってホッコリしました。写真やコメント、音楽、ひとつひとつに本人たちの意思を感じました。おふたりで考え作り出したプロフのビデオなんだなぁと思い、とても微笑ましかったです。(女性/30代)
  • ふたりの誕生から出会いまで、結婚式に至るまでの経緯を、写真やビデオでエピソードを添えながら、ポップな音楽に乗せて紹介されると微笑ましくながら見てます。(女性/40代)
  • たくさんの写真と、まとまっているけど伝わってくるメッセージ。出会った時の再現ビデオ。(女性/20代)
  • 新郎新婦の幼い頃の写真や、兄弟での写真、家族旅行の写真は良いと思います。 大切に育てられてきたのだなぁと思います。(女性/30代)
  • これまで知らなかった新郎&新婦の一面を知ることが出来る。特に新婦の若い頃のステキな雰囲気を、男性の列席者は感じ取りたい!(男性/30代)
  • 子供のころなど、自分が知っている時代の映像があったときは懐かしさもあってよかった(女性/40代)
  • 新郎新婦の人となりを表すような、心温まるエピソードが盛り込まれたビデオ(女性/30代)
  • 音楽がまず良い曲が流れていて、映像も家族や友人との写真がふたりの写真より多くて良かったです。(女性/20代)
  • 新郎新婦の生い立ちや出会い。また結婚に至るまでの出来事等は、見ていて和みます。(女性/30代)
  • 新郎新婦の生い立ち、特に「両親の愛情を受けすくすくと育った」感じが伝わるようなビデオにはとても好感が持てます。ほとんど初対面である友人の結婚相手のプロフィールムービーでも、目頭が熱くなったりして。(女性/30代)
  • 祝福してくれるみんなの温かい態度。冷やかしもあるけれど会場全体の「おめでとう感」がいいですね。(男性/50代)
  • ふたりの生い立ち、出会い、ふたりの結婚に至るまでが分かりやすいものはいいなと思います。(女性/30代)
  • お互いの生い立ち、ふたりの出会いが分かるようなもの。その中で出来るだけ多くのゲストも、一緒に写っている写真をチョイスしてもらえると嬉しい。(女性/30代)

プロフィールムービー見て”やだな~”と思うこと

  • 自分の画像が無断で使われていた時に、嫌だなと思いました。あとは、新郎がカメラ目線で自分自身を取った画像が多くて、少し苛立ちました。(女性/30代)
  • 単なる子ども時代→大人の写真を並べただけのものは、もう飽き飽きです。 特に、職場の同僚など、相手にさほど興味のない新郎新婦の場合は、もっとつまらないです。(女性/30代)
  • あまりにも細かく写真や映像などが流れて、長い間くどくど見ないといけないものはやだな~と思います。(女性/30代)
  • 内輪しかわからないネタや、感動や涙を誘う様に仕掛けたわざとらしい演出(女性/20代)
  • やたらと学歴とかを強調しすぎるビデオはちょっと引きます。さらっと流せばいいのに……と思います。(女性/30代)
  • 自分の小さいころの写真とかが、いつの間にか出ていたりするとはずかしい。(女性/30代)
  • 特定の人にしか分からない身内ネタを、ふんだんに織り込んできて、親族や友達だけが盛り上がってるとポカーンとなる。(男性/30代)
  • いかにも「作った」と感じられる、不自然なストーリーの物。 ヤンキーカップルの場合、あんまり上品にならない、できないことがある。(女性/40代)
  • 知らないまま使われていた自分の写真。更にそれがあまり知られたくない頃のものだったりすると、嫌だなーと思います。(女性/30代)
  • 小さい頃の写真が新郎と新婦で数が変わることです。 写真もあまりとらないご家庭もあるかと思います。 明らかに新郎は友達ばかりと写っている写真。 新婦は親戚や、単体で写っている写真のみなど、明らかに差が生まれる。 見ていて、あれ?と思ったり、前半は新郎で盛り上がっていたのに、後半の新婦では会場が静かになるなどのことが考えられますので、なにか違う形で写真ではなく、エピソードなどでまとめていた…(男性/20代)
  • ふたりの自慢話VTRは自己満足なだけで、見ている者にとってはつまらない。(男性/40代)
  • 以前付き合っていた彼氏や彼女と過ごしている時の写真とか、いかにも仲良さそうな写真があると見ている方も気まずくなる。(女性/20代)
  • 恩師や上司のメッセージはいらない、あと親戚も。披露宴でうんざりするほど聞かされるので、さらに追い討ちは勘弁。一芸なんて見せられたら、お前を見に来たわけじゃないと怒りまで覚える。(女性/40代)
  • 酔っ払っているのか、ふざけ過ぎな場面が写っていたら、ちょっと不愉快です。(女性/30代)
  • BGMの演出があまりにクサイと、感動できそうなのに「オイオイ」みたいなツッコミっぽい感情が芽生えてしまって、せっかくの感動をやや自己否定してしまいそうになります。結婚式なので多めに盛っていかないといけないとは思うのですが、昭和っぽい演出感だと、のめり込めません。特にBGMが変だとダメかな。GREEENのキセキぐらいで留めておいたらいいと思います。長渕はある意味キツイ。(男性/40代)
  • 生い立ちで使われた写真の中に自分が写っていて、その写真の自分が変に写っていた時、恥ずかしくなります。(女性/30代)
  • 友達として紹介されるのはよいですが、自分で写真が選べないのが残念です。(女性/30代)
  • 生い立ちというよりも、今現在のおふたりに近い写真で、しかもおふたりだけの写真が多かったことですね。私たちゲストと出会う前のものや、普段見せない家族と一緒の時の顔が見られるような写真が、もう少しあったら良かったかなぁと思いました。(女性/30代)
  • 「新郎又は新婦が○○大会で優勝した」ことなど長々と紹介されたり、新郎新婦の趣味のビデオなど、紹介程度なら見れますが、あまり長いとやだなーとまでは思いませんが、飽きたりビデオを見る気がうせます。(女性/40代)
  • ただ、普通に写真だけを流してダラダラした文。バックミュージックのセンスが無い。(女性/20代)
  • 新郎新婦のふたりでの写真が多すぎると嫌です。特に自分たちだけでふたり撮りをして顔がアップのもの。その写真が何枚かあっても楽しくないです。(女性/30代)
  • 当然と言えば当然だが、ビデオの中でラブラブさを強要されることが、やだな~と思う時もある。あとは、内容はともかく、典型的な作りで、ビデオの作り手創意工夫が感じられない時はそれこそやだな~と感じます。(男性/30代)
  • 本人だけならいいが、自分も一緒に写っている場合で、ゲストに自分を知っている人がいるとき(女性/40代)
  • 内輪の盛り上がりだけで撮影されたもの。ほかの人が見てもなんだかよくわからなくて、本人たちだけが盛り上がるようなもの。(女性/30代)
  • 曲が結婚式っぽくなかったことや、昔のあんまり出してほしくない写真を、無断に流されてしまったことです。(女性/20代)
  • 悪ふざけの映像、酔っぱらった状態はあまり好ましくないと思う。また、それぞれの以前交際していた方などが出てきても…あまり好ましくない(女性/30代)
  • ふたりの出会いから結婚までのストーリーなどは、気恥ずかしく感じることがあります。さわやかな演出であれば許容範囲かと思いますが。(女性/30代)
  • 友人が企画する余興で、ウケを狙いすぎて度が過ぎる様子は「やだな~」と思います。(男性/50代)
  • 下ネタが入っているもの。以前、「その日ふたりは初めて結ばれた」というナレーションが入ったプロフィールムービーがあって、ドン引きした。(女性/30代)
  • 生い立ちや出会いはよく分かるが、ゲストへの配慮や家族に対する配慮が欠けたようなものだった時。(女性/30代)

アンケートから見えてくるもの

新郎新婦が一生懸命考えたプロフィールムービーですが、ゲストの方々から見るとその感じ方は賛否両論です。心温まるものがあったり、思わず引いてしまうものがあったり…プロフィールムービーはあくまでゲストの皆様に披露するものなので、アンケートの素直な感想に耳を傾ける必要があります。

変な顔は映さないで!

特に女性ゲストで多かった意見が「出して欲しくない写真を出されるのが嫌」でした。新郎新婦の主観で映してしまうのは、控えた方がよいかもしれませんね。でも!?その逆を考えればどうでしょう。ゲストの方のとても綺麗に映っている写真を映して上げると喜んでもらえるはずです。事実、心理的な観点からしても「自己承認」という欲求を満たしてあげることになりますから。

内輪しか分からないネタはやめて!

特定の人にしか分からない内輪ネタが多いと、特定な人だけが盛り上がってしまい、その他の人たちはあっけにとられてしまいがちです。そうならないように、内輪ネタでもなるべく少なくサラッと流すくらいがいいでしょう。あくまで見ているのはゲスト全員です。

まとめ

その他にも色々とありますが、各々皆様がアンケートから感じたことをプロフィールムービーの内容に反映させて頂ければ幸いです。ウェディングムービーLabでは、結婚式披露宴に出席するゲストの皆様に見やすくわかりやすい構成と、何よりもゲストの皆様に喜んでもらえる作品、本来、生い立ちビデオやプロフィールムービーの目的を果たすための正統派な作品を目指しています。

この記事を書いた人

アマノムービーLabゼネラルマネージャー 天野企画 代表

関わる人すべてを幸福にしたいという理念のもと、10年以上結婚式のムービーを制作してきました。
これからもより多くの皆様に喜んでもらえるように、ムービー制作やサービスを磨いていきます。