結婚式のプロフィールムービー、オープニングムービー制作の専門店

今月のキャンペーン情報
ウェディングムービーLabへフリーダイヤルで電話する
メールでのお問い合わせ
サンプルDVDと資料請求
電話コンシェルジュ
0120-4652-37 電話でコンシェルを詳しく見る

楽しい未来へ歩き出そう 軽快で明るいエンドロール

エンドロールビデオ「サンシャイン」は、日当たりの良い公園を仲良く歩く二人をイメージして作りました。新しい生活が始まった夫婦の、希望に満ち溢れた未来を表現しています。

希望にあふれ、軽やかな足取りのふたりをイメージ

歩く2人"

「サンシャイン」は、明るい背景、花で装飾された写真フレーム、堅い印象を与えない柔らかなフォントで構成されています。

エンドロールによくある「あぁこの楽しい時間が終ってしまうんだ」といった物悲しさをなくし。披露宴の終わりを明るく楽しい笑顔で演出したい新郎新婦に、オススメのエンドロールムービーです。

みなさん、エンドロールを思い浮かべてみてください。

イメージしたエンドロールの背景は何色ですか?多くの人が『黒』を思い浮かべたのではないでしょうか?

黒い背景にゲストの名前とメッセージが下から上へと流れ、思い出の写真がその文章に添えらています。映画のエンドロールのような構成が多く、その雰囲気は決して明るいとは言えません。

「サンシャイン」が目指したのは、明るく、楽しいイメージ。

・背景は明るいベージュ色、壁の質感を持たすことで高級感を演出。
・角の丸い柔らかなフォントを使用することで、全体をより明るい印象に。
・写真のフレームには花の飾り付けで、さらに華やかに。

「サンシャイン」は、お越しいただいた大切なゲストへのメッセージをただ伝えるだけではありません。見ているゲストの気持ちを「楽しい時間が終わってしまう・・・」という寂しさではなく「ほんとに楽しかったな!」という喜びにすることができる作品なのです。

ゲストの祝福に、心温まるエンドロールで応えよう

制作担当の近藤は、祝福する側だとがんばりすぎて空回りする困ったタイプです。
新郎新婦を笑顔にしたいと思い望んだ余興。しかし逆のベクトルでがんばり過ぎた結果、ホラー調の余興で会場中をドン引きさせてしまいました。喋ったこともないゲストの方に「きみの余興は酷かった、あれはないよ」と苦笑いと慰めが混ざった形容しがたい表情で肩をポンッとされた事がいまだにトラウマです。

心の温まらない余興ほど、悲しいものはありません。ゲストを微妙な表情にさせるのではなく「みんなを笑顔」にさせるような余興が望ましい。私が失敗から学んだ教訓です。

それは、エンドロールでも同じこと。

祝福" エンドロールは式の最後に上映します。披露宴という物語の終わりを飾るため、ダイナミックな音楽を使用したものや、感動的な雰囲気なものが多く見られます。

感情を揺さぶるエンディングは、披露宴を特別素晴らしいものにしてくれます。しかし、終ったあとの「あぁ・・・素敵な式が終わったんだなあ」というさみしい気持ちもまたひとしおです。

結婚式がキュンと切ない気持ちで終わるのも一興ですが、まったく違う「楽しかった!」「すごくいい式だった!」を生み出せるエンドロールを作れないか。

余興での失敗で笑顔の大切さを学んだ私は、太陽の様に明るいエンドロールとして「サンシャイン」の制作を始めました。

全体を構成するイメージカラーは明るいベージュ系。たったそれだけの事ですが、ムービーの印象は大きく変わります。
多くの人の固定概念であるエンドロール=黒背景を覆すことにより「終ってしまうんだ」というさみしい気分を和らげ、楽しいフィナーレを作り出します。

文字フォントも、ゴシックなどの角が立ったものを使わずに柔らかい丸文字系フォントを使用。暖かい文字はメッセージもより優しく伝え、ゲスト達も笑顔でそのメッセージを受け取ります。見る人を幸せにするメッセージは、会場のムードをさらに明るく変えてくれます。

メッセージと一緒に表示される写真は、イラスト調なフレームに入れて花を飾り付けました。写真の印象が明るくなるだけでなく、色とりどりの花は視覚的なアクセントとして非常に有効です。エンドロールが単色のイメージにならないよう、全体の色を明るく演出します。

エンドロールが終わり、式の終了を告げる司会者の声。その時みんなの表情が輝きにあふれ、笑顔で岐路に着ける。そんなゲストの素敵な表情に、新郎新婦も幸せいっぱいになることでしょう。

太陽の様に明るく楽しいエンドロールそれが「サンシャイン」です。


リズム良くウキウキと
歩く姿をイメージして

可愛くウキウキするようなエンドロールビデオ

エンドロールビデオサンシャインのサンプル 仕切り線

アンティークなカードにふたりからのコメントが00:00~00:16

00:03

ゲストの方々への感謝の言葉を述べます。背景の色調とワンポイントの花が可愛らしく、これから楽しく披露宴の終わりを迎えます。

00:09

手書き風のフォントがとても親近感を持てます。BGMがPOPなテンポで、みんなでリズムに合わせて揺れている姿が思い浮かびます。

仕切り線

ふたりからゲスト一人ひとりへの言葉00:17~00:26

00:25

お写真とともに、本日の列席者の名簿が画面下から上へスクロールしていきます。いよいよ始まるエンドロールに背中がピンッとします。

仕切り線

楽しくも切ないメロディに胸がいっぱい00:27~02:53

01:42

背景に花や蔦をイメージしたフレームがエレガント。お写真には可愛らしい花に雑貨風な下敷きがとてもオシャレです。

02:37

軽快なメロディに皆様が手拍子をしそうです。ゲストの方々はいつ自分の名前がでてくるのかウキウキしてしまいます。

仕切り線

嬉しそうな写真と、
ゲストへの感謝の言葉を02:54~03:11

02:57

最後はキュートな二人の演出で締めくくります。幸せな笑顔でいられるのは支えて下さる皆様だと感じられる記念すべき1枚です。
※使用お写真は20枚~となっております。最後はお二人の幸せ全開のお写真で締めます!

制作担当からの
おすすめPOINT

イラストのような可愛い演出と軽快なリズムが特徴の「サンシャイン」です。
ゲストの方も見ているだけで楽しくなってきます。「明るく」や「お洒落」に最後を締めくくる方に特にオススメのエンドロールプランになります。

サンシャインのご注文はこちらから

この記事を書いた人

コンドウウェディングムービーディレクター

結婚式の余興と聞けばだまっていられず、兄弟や友達の結婚式では自作のウェディングムービーをひっさげ渡り歩いてきました。
しかし、まわりの人達だけではなく全国の新郎新婦に喜んでもらいたい思いで、ムービーLabの映像制作に情熱を燃やしています!